旅に出よう

ツーリングと旅行が三度の飯より大好きな20代女子。国内外を旅行した記録をつづります。

【ケアンズ】一番おいしいラーメン屋さん

今日はケアンズで一番おいしいラーメン屋さん『がんばらんば』を紹介します♪

f:id:Lifewithhappy:20170507145355j:plain

 

店内に入ると、日本語で接客してくれます。英語が喋れなくても安心。かな?笑
とんこつ、塩、醤油、ちゃんぽん、冷麺といろんな種類のラーメンが選べます。
特にとんこつは一番力を入れているのか、かなりの種類がありました。

麺の硬さも指定できます。
紅ショウガと高菜がフリーサービスで食べられました!高菜が大好きなのでこのサービスは本当に嬉しかった!

 

私は1回目は塩ラーメンf:id:Lifewithhappy:20170507145043j:plain

 

2回目は冷麺をオーダー♪

f:id:Lifewithhappy:20170507145203j:plain

 

どちらも鶏ガラベースのサッパリした味でペロっと食べられました。
お値段もリーズナブルなので、オーストラリアに住んでラーメンが恋しくなったかたいかがですか?

 

【ケアンズ】 フィッツロイ島に泊ってみた

ケアンズに近い島と言えばグリーン島が有名ですが、今回あえてフィッツロイ島に宿泊してきました。

なぜフィッツロイ島を選んだかというと日本人が少なそうだから!笑

実際、1泊2日の旅行中に日本人女性2人にしか会いませんでした。

他はオージーかヨーロピアンが多かった印象です。

そんなフィッツロイ島ですが、のんびり過ごすのに最高な場所でしたので、紹介したいと思います♪

 

1.交通手段

ケアンズからフィッツロイ島まではフェリーで40分です。フェリーの予約はWEBサイトからでも行えます。料金は往復$76でした。

 

が!当日寝坊して行きのフェリーのに乗り損ねました(;;)


フェリー乗り場で途方に暮れていると、通りかかったスタッフの方が「Sunlover reef cruisesという会社が9時半にフィッツロイに向けてフェリーを出すよ」と教えてくれました。

 


ターミナルに戻ってカウンターの方に聞いてみると、片道でも買えるとのこと!よかった~(;;)
片道分を予約し、フェリーに乗り込みました。

f:id:Lifewithhappy:20170507142329j:plain

f:id:Lifewithhappy:20170507142429j:plain結構揺れますので、酔いやすい方は酔い止め必須です。
フェリーの中でも酔い止めは購入できます。(1回分$3)

 


2.ホテルにチェックイン


フィッツロイ島に到着すると、白い砂浜に透き通った海の綺麗なビーチが!!

f:id:Lifewithhappy:20170507142620j:plain

 

今すぐ海へ行きたい気持ちを抑え、ホテルにチェックイン。
フェリーを降りて目の前にフィッツロイアイランドリゾートがあります。
チェックインを済ませましたが、部屋は掃除中ことのこと。部屋が用意でき次第、電話をくれるそうなので、それまで遊びに出掛けることにしました。
その間、荷物はラウンジに預けられます。ラウンジはフロントの手前を左に曲がった先にありました。

 

f:id:Lifewithhappy:20170507142649j:plain


ラウンジ内には開け閉め自由なロッカー($7/12h・$10/24h)もありますので、貴重品も安心です。

 

 

 

3.島で遊ぼう!

早速遊びに出かけることしました!目指す先はヌードビーチ。

 

ヌードビーチまでは熱帯雨林のトラック(遊歩道)を歩きます。f:id:Lifewithhappy:20170507142830j:plain

ときどき見える海の青さに感動したり、木漏れ日が心地よかったです。
水着&ビーチサンダルで歩きましたが、特に問題ありませんでした。

 

歩くこと30分、ヌーディービーチに到着です!f:id:Lifewithhappy:20170507143142j:plain

f:id:Lifewithhappy:20170507141703j:plain

 

海きれいすぎる~!!!!

早速海に入ってみたり、波の音を聞きながら木陰でお昼寝してみたり、綺麗なサンゴを探してみたり。本当にゆったりした時間を過ごせました。

 

島では他にシュノーケルグッズ、カヤック、パドルボートなどがレンタルできます。
他にも、グラスボートやスキューバダイビングなどのオプショナルツアーもあるようです(^^)


4.レストラン


昼も夜もFoxy's Barへ食べに行きました。

 

f:id:Lifewithhappy:20170507144023j:plain

 

f:id:Lifewithhappy:20170507143934j:plain

カウンターでオーダーして、呼び出しベルを受け取り、ベルがなったら食事をとりに行くという方式でした。

f:id:Lifewithhappy:20170507143814j:plain
お昼はチップスやハンバーガー、夜はステーキや魚料理など一般的なオージースタイルの料理が楽しめます。

f:id:Lifewithhappy:20170507144630j:plain


おすすめはこのノンアルコールカクテル!

f:id:Lifewithhappy:20170507144602j:plain

シャーベットのカクテルなのですが、とにかくフルーツの味が濃くて美味しかった♪

量が多いので2人で1つぐらいがちょうどいいかもしれません。

 

※フィッツロイアイランドにはFoxy's barとホテルのレストラン以外にレストランはありません。小さな売店は有りますが、スーパーもありませんので水やお菓子など必要な方はケアンズで購入してから来た方が良いと思います。

 

日帰りのビジターが多いからか、夕方5時以降は人が減ってさらに快適に過ごせました♪

オーストラリアでゆっくりアイランドステイを楽しんでみてはいかがですか?

 

オーストラリアでピルを買う

ピルユーザーからすると、長期で海外に行く時に日本から持ち込むか、渡航先で入手するか迷うところですよね。


今回はオーストラリアでの低容量ピルの入手方法や値段について書こうと思います。




ピルっていくらするの?


日本ではピルの値段は1シート(1カ月分)約2,000円です。診察代は約7,000円で、3カ月分処方してくれました。月のコストは約5,000円です。


対してオーストラリアですが、なんと1シート(1カ月分)約320円です。
3,200円じゃ無いですよ。320円です。
診察代が約3,900円で、8か月分処方してくれました。月のコストは約800円です。($1=85円で計算しています)


海外が安すぎるのか日本が高すぎるのか解りませんが、とにかくオーストラリアのピルは安いです。
日本から持っていくか、こっちで買うか最初は迷いましたが私はこっちで買って正解でした。



オーストラリアでピルを入手するには


実際にピルを処方してもらったので、ピル入手の流れを書きたいと思います。

1.ピルを処方してもらう

ピルは処方薬なので、まずは病院へ行ってお医者さんに診断してもらいます。
「I have irregular piriods」(私は生理不順です)と言えばOKです。
どのぐらいの期間ピルを使っているか、持病はあるか、タバコは吸っているかなどの軽い問診があります。現在使っているピルや、希望の種類があれば伝えましょう。
診察代は$46でした。事故でも病気でもないので海外旅行保険は使えません。

2.処方箋を持って薬局へ

薬局は英語でpharmacyです。
カウンターで処方箋を渡せば用意してくれます。
今回、前回の処方箋が残っていたので、12か月分まとめてもらえないか頼んでみました。理由を聞かれましたが「旅行に出るから、まとめて今もらっておきたい」と伝えたら普通にくれました(笑)本当は薬局に何回も行くのが面倒だったからなんですが!
12か月分で$45でした。


以上です。日本で薬をもらう流れと同じですね。


これが実際に処方してもらったピルです。

トリキュラーと同じ成分のピルです。
1箱に4シート(4カ月)分入っています。
飲み方は日本のピルと全く同じです。毎日同じ時間に決められた錠剤を1つ飲むだけです。


この情報が誰かのお役に立てれば嬉しいです♪

オージーの朝は早い


オージー(Aussie)とはオーストラリア人の事です。


私は毎朝6時には家を出て仕事に向かっています。外はまだ暗いですが、そんな時間でも朝活をしているオージーに出会います。


ジムでは沢山のオージー達が身体を動かしています。
道でオージーとすれ違うと、「Good morning!」と笑顔で声をかけてきてくれます。何度か顔を合わせている人だと「今日もいい天気になりそうだよ」「今から仕事いくの?頑張ってね!」なんて軽い会話になることも。
オージーは陽気な方が多いです。


ベーカリーの近くでは焼きたてのパンとコーヒーの良い香りが漂っています。
店員さんと友達かのように和気あいあいとおしゃべりを楽しむ彼ら。


川沿いでは老夫婦が並んでウォーキングをしていました。
こんな仲の良い老夫婦になりたいなぁって見かける度に思っています。笑



そんな時間を楽しんでいるうちに、だんだんと明るくなっていく空。
今日いい1日になりそうな気がする!オーストラリアの朝はそんな気分にさせてくれます。


オージーは夜寝るのも早い

朝が早い彼らですから、夜寝るのも早いです。
ホームステイをしていたころ、ホームステイ先のママは毎日夜8時には寝ていました(!)

お店が閉まるのも早いので、夜の9時や10時には町は静まりかえっています。
早寝早起きの健康的な習慣が、彼らの明るさを作っているのかもしれませんね。

オーストラリアの田舎町での休日の過ごし方

私は今、オーストラリアの南にある小さな町で暮らしています。
ここには大型のショッピングセンターも無ければ、遊園地も水族館もありません。
それでも退屈だと感じたことはありません。
ここは日々の生活を豊かに暮らす大切さを教えてくれます。

天気の良い日はお散歩に

私の住んでる町には、こんな芝生のある公園が近くにいくつもあります。

手作りのお菓子やサンドイッチを持ってきて、自然の中でピクニックを楽しんだり、

優しい風を感じながら、木漏れ日の下で読書してみたり、
マットの上でのんびりお昼寝したり、
穏やかな休日を楽しんでいます。

天気が良いだけで幸せを感じられるようになりました。

子供達の笑い声からも元気をもらえます♪

なんでもないようなことが一番幸せ

きっと将来思い出して幸せだったと思うのは、こんな"なんでもない日々"だと思うのです。
だから、なんでもない日々を過ごせる"今"を大切にしていきたいと思います。